旧gatisimo

 スキン用のアイコン01 動物愛護法改正パブリックコメント(12)

ブログ引っ越ししましたが、拡散のため更新を一時再開します。

【環境省にて動物取扱業の適正化について意見募集中】
期限:8月27日(土)8月26日(金)

環境省ページによって27日と26日があって??念のため26日(金)で出しましょう。

コメントは簡潔に。項目にそって賛成/反対とし、その理由を書いて出しましょう。
書式を揃えて有効票にすることが大切です。
以下のまとめサイトが参考になります。
・【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
・One Action for Animals パブリックコメントについて

(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)

動物取扱責任者研修を実質的に意義のあるものにするため、現在一律に実施されている研修内容について、ある程度は業種によって適正な細分化を図るなど、その実施方法について工夫が必要との認識が共有されたが、具体的には次のような意見があった。
・ (社)日本動物園水族館協会加盟の動物園や動物病院に付帯するペットホテルなどでは、これらの施設における責任者設置の必要性に疑義があるところであり、少なくとも現行の研修義務は緩和すべきである
・ 動物園・水族館の職員や動物病院の獣医師であっても動物愛護に関する知識を有しているとは限らない場合があることから、一律に責任者設置義務規定を外す必要性はない。
・ 研修の回数(現行法は年1回の受講義務、施行規則で1回当たり3時間)の緩和も考えられるが、緩和にあたっては研修内容を業種ごとに細分化する等の代替措置が必要と考える。
【参考資料13:第9回小委員会資料4「動物取扱責任者研修の緩和」】…117

法第22 条に規定する動物取扱責任者の要件
(登録の基準)第3条
四 事業所ごとに、顧客に対し適正な動物の飼養及び保管の方法等に係る重要事項を説明し、又は動物を取り扱う職員として、次に掲げる要件のいずれかに該当する者が配置されていること。
イ 営もうとする動物取扱業の種別ごとに別表下欄に定める種別に係る半年間以上の実務経験があること。
ロ 営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること。
ハ 公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。


なんで(社)日本動物園水族館協会はそんなに足並み揃えたくないのか気になりますが、資料の主な意見にある「動物園・水族館の業務を行っていく上で動物取扱責任者の要件を満たす職員は不可欠なため、動物取扱責任者は不要」という意見は一理あります。
ならば一律の研修内容を細分化して、専門性を高める場とすればいいんじゃないかしら。

それにしても「実務経験半年間以上」って明らかに短すぎる。雇用形態も指定されてないから、ちょろっとバイトさせて研修受けさせれば開業できるじゃん。例えばJKCの愛犬飼育管理士なんかも実技なさそうだし。
ということでとりあえずこんな感じで。

『動物園・水族館の職員や動物病院の獣医師であっても責任者設置義務規定から除外する理由にはならないと思います。研修に関しては形骸化を防ぐためにも、現在の一律な内容を細分化し、より専門性を高める機会として活用するべきだと思います。
また、登録基準第3条のイ、半年間以上の実務経験とありますが最低でも1年以上と引き上げることを希望します。さらには段階的に基準を引き上げ、1本化することを要望します。』

ちなみに一通り出揃ったら改めて整理します。
全項目まとめたコメントはこちらです。
(このページのここより上部は転載可です。ご自由にお使い下さい。)

DSC02736.jpg

某所でストライキが決行されるそうですが、オチョもハンスト中。
ちょっと普通食あげたら、アレルギー用食べたくなくなったらしい。
これは特別だよって言っておいたのになぁ。
[PR]
# by feno_gatisimo | 2011-08-26 21:38

 スキン用のアイコン01 動物愛護法改正パブリックコメント(11)

ブログ引っ越ししましたが、拡散のため更新を一時再開します。

【環境省にて動物取扱業の適正化について意見募集中】
期限:8月27日(土)8月26日(金)

環境省ページによって27日と26日があって??念のため26日(金)で出しましょう。

コメントは簡潔に。項目にそって賛成/反対とし、その理由を書いて出しましょう。
書式を揃えて有効票にすることが大切です。
以下のまとめサイトが参考になります。
・【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
・One Action for Animals パブリックコメントについて

(11)業種の適用除外(動物園・水族館)

我が国の動物園・水族館と呼ばれる施設には、野生動物の展示を通じた普及教育機関の一翼を担っている施設、希少野生動物の飼育下繁殖による生息域外保全を担う施設、動物とのふれあいを目的とした施設、などがあり、また運営形態も公益性の高い公営施設から営利目的の民間施設まで様々である。また、(社)日本動物園水族館協会の加盟園館のように、動物の展示や飼養に関する独自の倫理規定を持ち、これに基づく適正飼養及び管理等の自主規制を行っている施設がある一方で、「動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」や「展示動物の飼養及び保管に関する基準(平成16年環境省告示第33号)」を遵守していない動物展示施設も散見される。これらを考慮すると、動物園・水族館と呼ばれる施設全体を対象として、一律に現在の動物取扱業の適用除外を行うのは困難である。
【参考資料12:第9回小委員会資料3「業種緩和の検討(動物園・水族館の緩和検討」】…103


独自規定で管理したい意図は何なんでしょう。取扱業に含まれるかどうか、守るべきは愛護法か独自規定かどうか、目的を考えれば方法はなんだっていいんじゃないの?と構造構成学を学んでなくても思うんですが。
引っかかるのは、取扱業に入れないで欲しい、じゃなくて除外して欲しいっていうところ。現状だと活動が制限されるとか不都合があるんでしょうか。資料を読む限りピンと来ないんですが。
そんなわけで今のところこんな感じです。

『動物取扱業から除外するべきではないと思います。
動物園水族館法等の法的規制が無いうえ、協会への加盟も義務ではなく、また加盟していない施設も多いことから、引き続き現在の法規制を望みます。環境保全事業などへの緩和策は関係法令にて対応するべきだと思います。』

ちなみに一通り出揃ったら改めて整理します。
全項目まとめたコメントはこちらです。
(このページのここより上部は転載可です。ご自由にお使い下さい。)

DSC02409.jpg

ザッと降ったら涼しくなった。ザッどころかドシャー!だったけど。

[PR]
# by feno_gatisimo | 2011-08-25 03:09