旧gatisimo

 スキン用のアイコン01 動物愛護法改正パブリックコメント(10)

【環境省にて動物取扱業の適正化について意見募集中】
期限:8月27日(土)8月26日(金)

環境省ページによって27日と26日があって??念のため26日(金)で出しましょう。

コメントは簡潔に。項目にそって賛成/反対とし、その理由を書いて出しましょう。
書式を揃えて有効票にすることが大切です。
以下のまとめサイトが参考になります。
・【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
・One Action for Animals パブリックコメントについて

(10)登録取消の運用の強化

現行法でも、違反すれば動物取扱業の取消しが可能な条文となっているが、違反業者の登録の取消しについて、より迅速に発動しやすくなるよう細目の書きぶりに具体性を持たせることや、虐待の判断について獣医師等の専門家に助言を求める体制確保など、運用面の工夫が必要である。
【参考資料11:第9回小委員会資料2「登録取消強化」】…91


これまで考えてきた項目がより良く細やかに改正されれば、動物愛護管理法違反でそれに応じた勧告・命令・罰金・取り消しでってなるんですけどね、虐待の判断にしても。
でも虐待やそれに繋がるネグレクトは故意で、飼育環境などの違反は過失の場合もあるとすると、具体的な細目が一緒でもその先の対応が異なるだろうから、明記する必要があるのかな。難儀だなぁ。
それと見逃せないのが以下。

ヒアリングにおける主な意見

・ 多頭飼育の崩壊や今回のような登録取消事例について、残される動物をどうやって救済していくのか、これが一番大きな問題(行政の目的はあくまでも登録の取消ではなく、事業者における動物の適正な飼養のための改善、また、それができない場合の動物の救済にある。)。
・ 仮に登録取消が直接的に容易にできるようになったとしても、行政目的が達成できるかは、事例によっても様々な事例があるので、その効果が有効に作用するかどうかは未定のところが多いと考える。
・ 罰金を引き上げれば、業者側に対しても抑止効果は当然期待できると考えるし、また、警察も取扱いやすくなると考える。


そんなわけで今回はこんな感じです。

『登録の取消しにあたる具体的な細目を盛り込むべきだと思います。それに伴い自治体への業者立ち入り・指導の義務化、また警察権の委任を検討することを希望します。
さらに罰金の引き上げ、勧告・命令・罰金などの回数上限を設け達した場合は登録取り消し、また登録取り消しになった事業者名の公開、などの規制強化を希望します。
登録取り消し後に残される動物の救済のため、動物取扱業者への保険整備と加入の義務化を希望します。』

ちなみに一通り出揃ったら改めて整理します。
全項目まとめたコメントはこちらです。
(このページのここより上部は転載可です。ご自由にお使い下さい。)

DSC01548.jpg

きのう夜、オチョが人間の男みたいな声で寝言いってた。楽しんごのモノマネのモノマネでもしてる夢を見てたんだと思う。
[PR]
# by feno_gatisimo | 2011-08-25 03:08

 スキン用のアイコン01 動物愛護法改正パブリックコメント(9)

ブログ引っ越ししましたが、拡散のため更新を一時再開します。

【環境省にて動物取扱業の適正化について意見募集中】
期限:8月27日(土)8月26日(金)

環境省ページによって27日と26日があって??念のため26日(金)で出しましょう。

コメントは簡潔に。項目にそって賛成/反対とし、その理由を書いて出しましょう。
書式を揃えて有効票にすることが大切です。
以下のまとめサイトが参考になります。
・【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
・One Action for Animals パブリックコメントについて

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)

種の保存法等の動物取扱いに関連する法令に違反した際、動物取扱業の登録拒否・取消を行える条項を追加すべきである。現行の「動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目(平成18年環境省告示第20号)」第6条第5号でも、取引相手が関連法令に違反していないことを聴取する規定があることから、この部分を活用して欠格事由を更に厳格にすることが可能と考える。なお、関連法令については動物愛護管理の観点から選定するべきである。
【参考資料10:第9回小委員会資料1「関連法令違反時の扱い」】…85

動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目(平成18年環境省告示第20号)」第6条第5号

・動物の仕入れ、販売等動物の取引を行うに当たっては、その相手方が動物の取引に関する関係法令に違反していないこと及び違反するおそれがないことを聴取し、違反が確認された場合にあっては動物の取引を行わないこと。


環境省・動物取扱業者の規制に「守るべき基準」が書いてあって、必要に応じて登録の取り消しや業務停止命令が行われることがあるって記されてるのに、何で今さら?どういう仕組みなんだこれ。縦割りか?複雑複雑、ぜっんぜん馴染めない・・・。
とにかくこんな感じにするつもりです。

『関連する法令に違反した際、動物取扱業の登録拒否・取消を行える条項を追加するべきです。悪質な業者の取り締まりのため、動物が取り扱われるすべての事柄に関連する法令に適用するべきだと思います。』

ちなみに一通り出揃ったら改めて整理します。
全項目まとめたコメントはこちらです。
(このページのここより上部は転載可です。ご自由にお使い下さい。)

DSC02710.jpg

災害時など用の新しいキャリー。買って何ヶ月経ったかしら。やっと受け入れてくれたよ。

[PR]
# by feno_gatisimo | 2011-08-25 03:07