旧gatisimo

 スキン用のアイコン01 タグ:病 ( 42 ) タグの人気記事

 スキン用のアイコン01 検診

d0126492_1845812.jpg

半年ぶりに検診に行ってきました。
過去1年半の間3回とも問題なかったから大丈夫だろーと思っていたので、その通りの結果でホッとしました。
結局クレアチニンが上昇した原因は尻尾すら掴めませんでしたが、腎不全へと辿らずに済んだのは本当に良かったです。
検査結果はすべて正常値で、前回までと比べてもとても安定しています。
PLT=血小板が少なめなのですが、獣医さんによると採血に手間取ったので血が固まってしまったせいだそうです。その下のReticsというのが不純物のパーセンテージで、凝固してしまった血小板だそうです。
採血、小さいときは平気な顔してたのに、最近だんだん抵抗するようになってきてます。
知恵付いたかしら(^^;

尿検査もまったく問題なく、ph6、結晶も検出されませんでした。
それと子猫以来してなかった便検査もお願いしました。オチョは外には出ないので大丈夫だと思ったんですが、たまにはね。結果は問題なしでした。

よ!健康体(笑
アレルギーくらい何てことないね。
d0126492_17434469.jpg



 オチョアイテム

MKトフカス
猫砂7L

お留守番用
わんにゃんグルメ

丸型
つめみがき

スリッカーブラシ
ソフトタイプ

コロル・アイボリー
フード付きトイレ



[PR]
by feno_gatisimo | 2011-04-29 17:44

 スキン用のアイコン01 検診とワクチン

d0126492_1711719.jpg

前回の血液検査から半年、検診とワクチンに行ってきました。
検査の方は問題なし。心配なクレアチニン値も少し高めですが正常範囲内でした。
今回は採血もスムーズに済んだし、ワクチンも簡単に終了。皮膚の痒みの方も最近は比較的落ち着いてるし、良かった良かったと帰宅しました。

昼前、帰ってきてからも変わらず元気で、ワクチンしたんだから少し大人しくしてればいいのに〜なんて思うくらいでした。外から帰るとちょっと興奮する感じなんでしょうかね。ごはんもペロリと食べました。

ところが夜、21時過ぎくらいに1日の最後のごはんをあげても食べません。
人のベッドに上がってうずくまってウツラウツラしてしまいました。疲れがでたのかな?と思ったんですが、少し呼吸が速く、時折ブルブルと震えてるようです。その数分後、時間をおきながら何度もトイレに行き出しました。3~4時間の間に3回軟便と3回オシッコ。深夜3時過ぎになってようやく寝ました。

翌日起きても元気がなかったんですが、昼前にごはんを欲しがったので少し時間を空けて2回、少量ずつあげました。するとまたトイレ。今度は完全に下してしまっていました。
その後しばらく伏せていましたがようやくスッキリしたのか伸びをして爪を研いで毛繕いを始めました。
私の膝の上に乗っていつものようにお腹をニギニギもしました。
具合悪い時はそういうこと全部しないし、頭をコショコショしても押し返さないし鼻をつついても力なくペロッとするだけでした。
回復してくれて一安心です。
d0126492_16385123.jpg
落ち着いて来たオチョ。ビックリしたね−。

それにしても原因はなんでしょう。
まず思うのは勿論ワクチンですが、検索してみてもワクチンで下痢というのはどうも見あたりません。
となると採血時の消毒液を舐め過ぎちゃったとかかしら。
病院に行った事以外は変わったことはなかったし、日頃もほとんど下痢しないんですけどねぇ。

ワクチンの必要性やその回数、種類など色々な意見があるそうなので、少し考えてみようと思います。
[PR]
by feno_gatisimo | 2010-10-10 17:24

 スキン用のアイコン01 再検査

d0126492_14532841.jpg
半年前、正常値になって以来の再検査です。
すばらしい。まったく問題ありませんでした。
相変わらず少しナトリウムが高く脱水気味ですが、おしっこの結晶検査でも問題は見られないし、猫としては気にするものではないそうです。
ph6、タンパク+、比重はちょっと濃くて1.080。
腎臓はきっちり機能しているようです。

若年であるため一時は先天性の疑いもあったのですが、どうやらその可能性は低く、何らかの影響があってクレアチニン値が上昇していたのではないかと考えられそうです。
それがごはんなのか、軽度の腎盂腎炎などの炎症で引き起こされていたのか、未だにわかりません。
ま〜でもとにかく良かった。ひょっとしたら私たちが期待しているほどは長生きしてくれないのかと、少し思ったりしてしまってましたから。


話題は変わって。
スペシフィックの販売が再開されました。
製薬会社の合併だかで、成分表示欄などパッケージに変更があったためストップしていたそうです。
オチョのアレルギー(と確定した訳ではないですが)が一番穏やかだったのがスペシフィックでした。
といっても1ヶ月しか食べてなかったので、長く食べ続ければ同じように痒くなったりするのかもしれませんが。
また、スペシフィックがクレアチニンを上げてたのかもしれないので、とりあえず半年くらい続けてみてもう一度腎機能などを再検査予定です。

d0126492_15112750.jpg
病院疲れで脱力中。
いい先生なんだけど、実はちょっと不器用。採血に手間取ること度々というかいつも(^^;
[PR]
by feno_gatisimo | 2010-03-27 15:17

 スキン用のアイコン01 私もボリボリするのが好きです

ちょっと前の話。

1ヶ月くらい週イチのペースで軟らかいうんちが出てました。
といっても一応形になっていて砂ごとすくえばスコップも汚れない程度ですし、繰り返すこともなく決まって週1回。
いつも日に1回なのにその時は2回して、2回目のが軟らかい。これも毎回一緒。

そういえば前回z/dを試した時もたまに緩かった。
獣医さんによるとz/dですこし緩くなってしまう子がちらほらいるんだとか。どうも加水分解チキンがうまくないのかもしれないと言っていました。
でも特に心配な感じではないので、面倒臭くなければビオフェルミンを試してみては?と言われたので、10月末から1日半粒あげています。

連れの実家で飼っていた犬はビオフェルミンが好きで(というか何でも好き、食パン以外は)ボリボリ食べていたらしい。てかボリボリいうほど大量に!?
なんかしょっちゅう拾い食いとかしてダダ漏れてたらしいのでボリボリ食べさせてたそうです(-д-)

臭いは嗅ぐものの決して不用意にパクつくことのない気品あるオチョさんには拾い食いなどはありえませんが、ビオフェルミンには食いつきました。正確にはペロリと舐めようとしたら舌に必要以上に引っ付いたので、頭を振って吹っ飛ばしてました。
口にしたい気持ちはあるようですが、どうもその引っ付き方がイヤなようで食べれません。
結局苦い薬の容量で、無理矢理口にねじ込まれるオチョさんと、いつまでたっても上手に薬をあげられない飼い主。
そうこうしてるうちにお腹良くなったようです。
ここ2週間は順調にコロコロしてます。

d0126492_7303812.jpg

[PR]
by feno_gatisimo | 2009-11-14 07:36

 スキン用のアイコン01 調べてみると結構いるようだ

血液検査でなんの異常もなかったので、年に1回の三種混合ワクチンを打って帰って来ました。
ワクチンにもアレルギー反応が出ちゃう子や、副作用が強く出てしまう場合もあるので毎年のこととはいえあまり安心できません。
強い副作用(嘔吐や顔が腫れる)は接種して15分くらいで出るそうなのでしばらく様子を見、その後も1日くらいはあまり激しい運動などは避けた方が良い、これは人間と同じですね。
今回のオチョさんはというと、接種した日はまったく問題なく元気だったのですが、次の日は1日元気がありませんでした。朝からあまり食欲がなく、私が別の部屋に移っても動かず寝続け、いつもならご飯のお皿を触っただけで駆け寄ってくるのに、用意をしてもベッドから出てきませんでした。
好きなドライをベッドまで持って行くとようやく食べました。一応完食してくれたので一安心。
でもその後も寝たりうつらうつらしたりと元気がありません。
かといってぐったりしてるとかいう感じではないのです。目にも力があるし、横になってグーグー寝てるんです。目が覚めると毛繕いもするし、頭を撫でると嬉しそうに目を細めます。
具合悪いというよりはなんだかダルくてとにかく眠いといった感じです。
それでも去年や仔猫ワクチンの時にもこんな事はなかったので心配でした。少し微熱もあるようだし。
日にちが変わる頃にようやく「お腹減った?ご飯食べる?」の問いかけに「ナ!」と答え、台所へ向かう私の後を付いてくるようになりました。そっからは大変でしたけどね、あまり食べてなかったからか「もっとくれ、くれ」としつこいのなんの^^;

重大な副作用とまでいかなくてもちょっと元気なくなったり、オチョみたいにその日は平気だったのに次の日寝てばっかりだったりってケースは結構あるようです。

d0126492_343175.jpg
心配なのでずっとくっついてました。

d0126492_345641.jpg
茶色い大根ではなく私のふくらはぎであります。心配、してますしてたんですホントに(笑
[PR]
by feno_gatisimo | 2009-11-02 19:40

 スキン用のアイコン01 正常値キターーー!!(=゚ω゚)

d0126492_2404113.jpg
d0126492_2451982.jpg

29日、再検査にいってきました。
気になるのはもちろん腎機能の数値クレアチニンです。
上の表、生化学検査結果の真ん中くらいCREAというのがそれですが、なんといきなり正常値になってました。
今年の5月末に3.1をはじき出してしばらくしてから腎臓ケアご飯を2ヶ月、残念ながらアレルギーっぽい症状が強く出てしまったので切り替えましたが、その間も再検査を重ね徐々に下がってはいましたが、とうとう完全な正常値まで下がってくれました。

他に特に心配事がある訳ではないのですが、ご飯のあげすぎで5kgに達してた1歳頃の血液検査でコレステロールや肝臓の数値が良くなかったことがあったので、年に1回くらいは項目を増やして血液検査をすることにしました。今回も一番上のALB(アルブミン)と一番下のTRIG(中性脂肪)がやや高く、CHOL(コレステロール)も高位でしたが、心配要らないとのこと。
下の表は血球算定検査というらしく、赤血球や白血球、ヘモグロビンなどの数値の検査だそうです。
こちらも心配なしだそうでまたまた一安心。

また、血液検査結果も良く、3回の尿検査と1回の尿中アルブミン検査で一度も異常は見られなかったので、今回は尿検査は省きました。
正直あれは見ているだけでも恐ろしい検査なので、ホッとしました。
エコー画像を見ながら注射一刺し、あっという間に終わるんですけど、オチョがクク〜〜って泣くからかわいそうで (つд`)

結果が良くて有頂天になってると先生が一言「結局なんだったのかわからない終いですけどねぇ〜」と。
・・・。
そうでした。なぜクレアチニンが異常値を叩き出してたのか結局わからないのです。そしてなんで正常値に下がったのかも分からないのです。腎ケア食は7〜8月の2ヶ月間だけで、9〜10月はアレルギー食だったのですから。
スッキリしません。
東洋医学では季節によって肝臓や腎臓の機能が低下する事もあるという話があるそうですが、それに当たるとすればいずれも春先が多いとのこと。しかし少なくとも先生はそういうのは考えられないと思うと仰ってました。

ともあれ、今後はそう頻繁に検査しなくてもよし!何事もなければ暖かくなった頃にでも来て下さい、ということになりました。
d0126492_3531828.jpg
ホクホク顔〜


この日、一緒にワクチンもしたのですが、その話はまた後日。
[PR]
by feno_gatisimo | 2009-10-31 04:01

 スキン用のアイコン01 再検査

ブログ再開した矢先からまたお休みしてしまいました。
話題はちょっと前の話で8/29に遡ります。

腎機能を示すクレアチニン値が高いので腎臓に負担の掛かりにくい食事を続けていたのですが、どうも目がショボショボしたり少し痒がったり。さらには食べては直後に吐き戻すようになってしまい、病院へ相談に行ったのが前日の28日。先生はアレルギーを疑って「ご飯元に戻し時かもねぇ」と。
アレルギーを抜きにしても腎サポ食を長く食べ続けられないことは聞いていました(成分により骨が脆くなる可能性があるため)。なので続けても年内と決めていたのですが、8月末をもってドロップアウトとなりました。

ごはんをアレルギー食に戻す前に前回の検査から一ヶ月ちょっとしか経ってないですがしておこうということで翌日に行ってきました。
結果はクレアチニンがまた少し上がって2.7(正常値<2.4)でした。
あと今回はオシッコの検査をもう1種類、尿中アルブミン検査をしてもらいました。
腎臓は蛋白質とかを濾す糸球体と水分を再吸収する尿細管のセットがたくさん詰まって出来てる?らしいのですが、通常の尿検査で尿比重を見てしっかり濃縮されていれば尿細管に異常はなし、そして今回の尿中アルブミン検査が陰性ならば糸球体も大丈夫、ということらしく(たぶん^^;)、通常の尿検査でどっちかというと多い部類に入るタンパクの量が測定されていたので念のためアルブミン検査をしてくれたのですが、結論からいうとオチョはどちらも大丈夫とのことでした。
結局機能的には問題なさそうだけど全体的に少し弱い?というなんとも判然としない結果になりました。
検査は今後アレルギー食に戻したあとも2〜3ヶ月ごとにしていきます。

ところで、オチョが食べてもっともアレルギーが出ずらかったスペシフィックのFΩD-HYが入荷しなくなったそうです。詳しいことは分かりません。
ごはんって意外とこういうことあるんですよねぇ困るなぁ。
仕方なくあまり効果が感じられなかったz/dを再チャレンジしてみています。

d0126492_1113367.jpg

[PR]
by feno_gatisimo | 2009-09-15 01:17

 スキン用のアイコン01 検査

お休みしてる間の話。

7月1日から腎臓ケアごはん(D:キドニーケア、W:k/d)をあげています。
ちょっと目を痒そうにしてる日がありましたが、幸いにも酷いアレルギー反応は出ていません。

ごはんを変えてから20日ほどしか経過していませんでしたが、7月18日に再検査に行ってきました。
結果は懸案のクレアチニンが下がってました!ギリギリ正常値というとこですがとにかく下がってました。
とはいえまだ都合2回だけの検査です。何らかの原因で前回に限って高かったのか、それとも今回に限って低いという可能性もあります。それか全うに考えてごはんの効果がてきめんなのか。

ひとまず年内は今の腎ケア食を続けることになりました。その間に2〜3回再検査をしながら経過観察です。
「年内は」とするのは理由があります。
これは特に若い猫に言えることだそうですが、腎ケア食はリンやマグネシウムなどミネラル分を抑えた処方食なので、これを無闇に続けるとカルシウムとのバランスが悪くなり、骨がもろくなったりするそうです。
もちろん腎臓の状態を最優先する場合や高齢の猫ならば話は変わってくるそうですが、オチョのように若くクレアチニンだけ高いというような重篤ではない場合は様子を見ながら続けるべきなんだそうです。

あと一つ。
今回の尿検査も比重などほとんど問題なかったのですが、前回もそうでしたが少しタンパクが多く排出されてます。でも猫はもともと尿中にコーキシン(←についてはこちら)というタンパク質がふんだんに含まれてるそうで、それがあの強烈な臭いの元となってるんだそうです。
が、オチョの場合はクレアチニンがオーバーしてるのでそうも言ってられません。腎機能が低下した場合でも尿中タンパク質が多くなるんだそうです。
腎臓の糸球体という丸っこいところで血液を濾過し血中のタンパク質などを再吸収するらしいのですが、その糸球体が思わしくないとアルブミン(タンパク質)なんかを濾しきれずおしっこに出てしまうんだそうです。
ちなみにこれは高血圧の指標のひとつでもあるそうです。

で、尿中にどれくらいアルブミンがだだ漏れてるかを調べるには、以前は大学病院でやって貰うしかなかったそうですが、少し前に検査キットが日本でも発売され、各病院でも行えるようになったそうです。

今回クレアチニンがとりあえず下がっていたので、次回の検査は再来月になりました。
そのときに詳しい尿検査をやってみることになりそうです。
[PR]
by feno_gatisimo | 2009-07-30 21:55

 スキン用のアイコン01 再検査の結果

d0126492_1301034.jpg
結果
クレアチニンはやっぱり高い。
尿素窒素(BUN)は正常値。
尿検査: ph7、タンパク(++)、 比重over>1,040(1.035以上が正常値)で異常は見られない。


診断
尿比重でどのくらいオシッコが濃縮されているかわかるそうで、この濃縮が充分でないと腎臓がちゃんと機能していない事になるそうです。腎臓は血液を濾過してオシッコと水分を作り、その先の尿細管というとこで水分を再吸収します。その機能が衰えると水分ごと出てしまい多尿になり脱水を起こします。
で、オチョはその辺は問題ありませんでした。
おかしいのがこの尿検査で異常があってもその時点ではクレアチニンなどの数値にはまだ表れないのが普通らしく、オチョは血液検査が変で尿検査は問題なしと真逆なんです。

クレアチニン値のみが上昇する素因は筋炎とか薬物とか糖質とかいろいろあるようですが、オチョは筋肉に炎症を起こすようなファイターではないですし、ごはんもアレルギーのお陰で完全にコントロールされているものしか食べてないし。どれも当てはまらなそうというお話でした。
なのにクレアチニンが高位を示してるということは、どうやら残念ながら腎臓に影響が出ているという可能性が高そうで、この数値に表れた時点で腎機能の50%以上障害が起きていると考えられるそうです。
かといってオチョは腎不全と言及するにはまだ材料が不足してるとも仰っていました。

今後。
今回はどうやら何らかの早期発見ということになりそうです。
ですが仮に腎疾患だとしても腎細胞は治る物ではないので、結局悪くなってから治療を始めるっていう人医療ではあまり考えられないような対処療法しかできません。
オチョはいま普通に元気ですしオシッコもちゃんとしたのが出ています。アレルギーがなければ試しに腎ケアのごはんをあげてみようとなる所ですが、ごはん変えてまた痒くなってストレスになるのも良くないとのことで、今後の検査を見ながら考えることになりました。
検査は1ヶ月ごとに今回と同じ血液検査と尿検査になると思います。
もししばらく異常がでるようであればレントゲンなども考えてるそうです。いっそ猫ドックでもしてみようかと今思いつきました。
子供も車も持ち合わせてないし金に糸目付ける理由無し。金掛けるのオチョくらいしかおらん。なんでもしてやって下さい。お願いします。

***

説明は受けていたのですが、尿検査こわい!
腹から直注射ですよ(゚ロ゚;) これが一番きれいなオシッコが採れるので精密検査のときは最適なんだそです。
ちょっと見てられるか心配だったんですが、オチョだって足ガクガクしながら頑張ってるんだから見ました。細く小さい注射器の中に黄色い、まさにオシッコ色のオシッコが見れたときはホッとしました。
正確には「ぐ〜は〜終わったぁ。。あ、黄色いやんか!? オー」という感じ。
ここんとこ連れが「オチョのオシッコ臭くないもん、黄色くもないし」と言い続けていたので私もそんな気になっていて(猫砂の性能が良すぎるのが原因)、「尿検査でも異常がでるかも。腎不全って宣告されるんかも。」って覚悟をしてました。
が、どうにもハッキリしない。
でも考えみると妄想よりもずっと良い結果だ。いや結果は先送りになっただけだけど、でも想像してたよりだいぶマシ。
結果を先送りにするのは私も得意だ。そうだ、オチョもそうやって騙し騙しなんだかんだと長生きするといい。うんそうだ。

病院から帰ってきたオチョはいつも通り足をビロビロさせながら(小型犬用のキャリーが狭いのか?)部屋をウロウロしたあと、ごはんをガツガツ食べてグースカ寝てました。
[PR]
by feno_gatisimo | 2009-06-14 01:35

 スキン用のアイコン01 今週末

先週の土曜日に"再検査もう少し早められないか"聞きに行ってきました。
電話でもいいんですが以前通ってた病院でしてもらった血液検査の結果が3回分あるので、それも診てもらいながら…と思っていたのに、持って行き忘れました。最近結構うっかり度が増してて怖い(ーー;

その以前の検査でクレアチニンは2回調べていて、去年の7月よりも去年の12月の方が上がっていました。それでもギリギリ基準値内だったし、腎臓機能数値のもう一つである「尿窒素」は3回とも正常値だったからか前の獣医さんには何も言わませんでした。
でも今回それを話すと「クレアチニン上がってるのはやっぱり気になるねぇ」との事でした。
結局、再検査は1週早まって今週末にして貰うことになりました。
[PR]
by feno_gatisimo | 2009-06-08 18:20